スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
電話応対はよくほめられました。無駄な愛想が得意だからです。
関西嫁は悲しんだ。

彼女は彼女の棲家であるマンションから外へ出てみようとしたのだが、

腹が出口につかへて外へ出ることができなかつたのである。
                                         (関西嫁)


号泣。




5年ほど前にいた会社のことを思い出したら、
もうひとつ思い出したことがありました。


当時勤めていた会社は、
社員3人と社長(女)という構成で、
ふつーに隣や目の前に社長がいるという環境でした。


その日も、社長は社長室ではなく、社員たちと同じ部屋で仕事をしており、
社長宛の電話を社長の横にいた事務のAさんがとりました。

が、電話の相手の名前がよく聞き取れなかったらしい。

Aさん「○山様ですか?○川様?…△山様でいらっしゃいますね、
    大変失礼致しました」

電話を保留にし、隣にいた社長に取り次いだ。

Aさん「社長、△山様よりお電話です」

社長、電話に出る。


社長「お名前変わりました。」


・・・はい!?今なんて?


社長「あらやだお名前変わりましただって~!
   間違えてしまいましたわオホホホ。」

とのたまいながら社長室に消えていきました。

そう、「お電話かわりました」と言いたかったようです。


社長はAさんの言葉をうっすら聴いていたのでしょうね^^;

しかし電話の相手の△山さんがどういう対応をしていたのかが
今思い出してもとても気になって、
今夜も眠れそうにありません。(嘘っぱち)
スポンサーサイト
[2012/02/20 00:05 ] | 思い出話 | コメント(2) | トラックバック(0)
こころ残り
残るべきか、引っ越(こ)すべきか。それが問題だ。
                              (カンサイヨメ)


東京に来る前の話ですよ。



花粉症の季節ですね。

私は花粉症ではないのですが、
ダンナーが花粉症のため、
この時期になるとティッシュをよく買うようになります。


そして、思い出すことがあります。

私の心の中のささくれのような、思い出。

あれからもう5年。

そう、もう5年も経ったのですね。。。




当時、関西嫁は、関西の企業で関西OLをしていました。

事務所のティッシュがなくなりそうだったので、
アスクルでティッシュを頼もうとしました。

カタログを見ていると、
ちょうどまとめ売りでお買い得なものがあったので、
5箱1セットを頼みました。


アスクルだけに、翌日届きました。


1セットが1ダース。


5箱が12セット。要は60箱。


うちの事務所には3人しか人がいませんでした。


・・・すんません。


もともとが1ダースのセットだったようで、
それを見落としてしまったようでした。


「腐るものじゃないし、その方が割安だからいいのよ」
とおっしゃってくださった先輩方、本当にありがとう。

それなのに、
先に辞めてしまってすんません・・・。

その後ほどなく、私は会社を辞めてしまったので
あのティッシュがどうなったのかがわからないのです。


だから、この時期になると思い出すのです。

あの60箱、2人で使い切れたのだろうかと。。。

[2012/02/18 01:30 ] | 思い出話 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。