スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
えび餅
山手線の電車に乗り遅れて遅刻をした。
其後休憩に一人でお台場の温泉に出掛けた。
                           (大江戸にて)



現実逃避(;゚Д゚)!



うどんに引き続き、食文化の違いって
結構あるんだなーと思っております。


我が家はオットも関西出身で、
関西嫁に関西旦那、
夫婦間での食文化の大きな違いはそうないので、
二人揃って驚くことが多いです。

そのひとつに、海老もちがあります。


お正月に食べる白いお餅。

それに加えて、私たちはえび餅も食べます。

えび餅は、餅をつくときに
小エビも一緒にいれてつき、
きれいなピンク色でエビの風味のするお餅。

白いお餅とあわせると紅白でとってもキレイ。あらステキ。


私もダンナーも、実家で食べていたので
それがローカルなものだと知らなかったのです。


ダンナーがお仕事先でえび餅の話をしたら、
誰も知らなかったと。


誰も知らんことに驚きですわ。


ちょうど、それが夏の帰省前だったので
帰ったらおみやげに買ってこようという話になりました。


そして大阪に帰省。


・・・・・・・。
・・・・・・・。
・・・・・・・。


売ってないんです。

たまたまかもしれませんが、
よく考えると、私たちもよく食べるのはお正月。
真夏には取り扱っているお店も少なかったのかもしれません。


こまつたなぁと思って母に話すと、
母はさくっと言いました。

「家で作ったらええやん。」

(@_@。

確かに、うちの母は年末になると
餅つき機で正月用の餅を作ります。

「まかしとき~」

と言い、おかんはかわいい娘と婿のために
えび餅を作ってくれたのです。
(つд⊂)ナンテイイハナシ


当然、おかんだけに任せるわけにはいかないので、
お餅を丸める作業を私も手伝いました。

しかしわたくし、料理も苦手だし、
不器用なんです。


「へたくそやなー」

(T_T)

「もっとはよせなかたなるでー」

(°°;)"((;°°)


そんなこんなで、なんとかできました!

えびもち


ホクホクして東京に持ち帰り、ダンナーに持たせました。



この時、私はえび餅の作り方を初めて知りました。

毎年母の作った餅を食べていたのですが、

本当に、ただ「食べていた」だけでした。

食文化の違いもですが、

母から学ばないといけないことがたくさんたくさんあると

改めて知った出来事でした。



ちなみにえび餅は関西でも知らない方もいるようです。
どちらで食べられているものなのでしょうね。
スポンサーサイト
[2012/02/22 18:51 ] | つれづれ | コメント(2) | トラックバック(0)
<<ヌッピー | ホーム | ショックな出来事>>
コメント
「ただ食べていた」というのが、私にもよぉ〜く分かります。実家で色々と手伝っていれば、今頃どれだけ役に立っていただろうと思います。
私も西日本出身なので、実家では丸餅を食べていましたが、えび餅というのは初めて聞きました。見た目も奇麗ですし、お餅からも良いダシが出そうですね。(^_^)
[2012/02/25 12:26] | URL | Kaka #FBtdnRVQ [ 編集 ]
>kakaさん

コメントありがとうございます^^
母が普通にしていたことで、
全然知らないことがとても多いです。
しょっちゅう電話していろいろ聞いてます^^;
本当に、実家にいたときに
もう少し母の手伝いをしておけばと後悔です。

お餅の形も場所によって違いがありますね。
東京では四角い餅(のし餅?と言うようです)で、
それも驚きました。

ちなみにえび餅は普通の白い餅を作る過程で
小エビを入れるだけなので、
餅をつくことがあればお試しください^^
焼いて食べるとおいしいです。
[2012/02/25 21:13] | URL | きゅう #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kansaiyome.blog.fc2.com/tb.php/14-579a03e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。